今を生きるということ。

仙台への出張の帰りに

映画「君の膵臓を食べたい。」をみた。

遅い、遅すぎる。

なぜか見る気になれなかったんですが、

急にみなきゃと思って。。。

ここ最近では1番号泣しました。

1日の価値はみな平等に与えられます。

与えられた1日を

いかに過ごしても誰もが同じ時間。

その平等な時間を

どれだけのものにしているのでしょうか?

どれだけの

価値のあるものにしていますか?

シンプルな問い。

だけど

これってどこまで行っても

終わりは無いと思うんです。

よく聞くことばですが、

「あなたの何気なく生きた今日は、

           昨日死んだ人が生きたくても

                      生きられなかった明日だ。」

今を生きるのに資格なんてない。

でも、今を輝かせるという義務

それはあってもいいと思います。。 

どうですか?

皆さん、最近本気になりましたか?


最新記事
アーカイブ
タグから検索
  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon