ぎっくり腰

今日の急患。 時間のタイミングが良く 診れることになり診させてもらうと 身体の声を聴いていくと 原因は 最初は右肩、次に足のゆび。 お仕事が忙しく約2ヶ月ぶりの治療。 身体が整っている場所を知っているので、変化は早い。 みるみる身体が変わっていき、 評価の段階で来た時の痛みの半分以下。 マッサージの治療で ぎっくり腰の治療って言ったら 股関節緩めてとか、周りを緩めてとか オーソドックスなのかもしれないけど その時は痛み消えるかもしれないけど 本来の原因を取らずに痛みを取るから むしろややこしくすることある。 その方も右肩と足のゆびだったけど、 違う人のぎっくり腰の治療の時は 違うことがほとんど。 むしろ同じ人でも 違うことが多い。 もはや、 人が違くて原因も状態も違うのに、 オーソドックスな治療ってなんだ? (僕が勝手に言いましたね。笑) 本当にその人の身体が癒える治療。 みなさんに知って欲しいです。 LIFE STORY 完全予約制 連絡先 k.hiromu@icloud.com

治療家のすべきこと

大工さんが、毎日仕事が終わると鉋を研ぐように。 料理人は、包丁を研ぐ。 職人は、とても高度な業を維持、向上する為に 必ず、少なからず時間を費やす。 では、治療家は何をするのか。 あっちこっちセミナーに行って色んな治療法を学ぶこと? あの治療法、この治療法、あれこれ学んで じゃあその学んだ技術は、どの技術をどの人に使うの? この技術はこの人に使ってみよー! この人はこの技術でやってみよーかな! 何を求めてるのかを知る方法は、学んだんですか? いや、その人の身体は、本当にその技術・技を求めてるんですか? ちょっと話は言いたいこととそれてしまいましたが、 まずは、自分の包丁、鉋を磨いてみましょう。 そんな僕は、まだまだまだまだまだまだ……ですが精進します。笑 LIFE STORY 完全予約制 連絡先 k.hiromu@icloud.com

姿勢を作る

昨日の某ほにゃららTVで 長距離の移動中に首肩が痛くなる原因は、 座っている姿勢が悪いから! 移動を手段として考え、嫌なことだと思っているからだ!! と専門家の方々が、 んーーー…大きな間違いではないけど… 終いには五十肩の始まりです! なんて… 対処法では 姿勢は癖がついちゃってて治らないから、 背骨のS字に合わせて、骨盤を立てるパッドを敷いて、 無理矢理良い姿勢を作る!!! なるほど!!!! と思った方もいらっしゃった方も多かったのではないでしょうか?? ん……どうなんでしょう? 専門家の意見ですので、悪いとは僕は言いません。笑 そりゃ、 崩れた身体の姿勢を保つことってそもそもきついこと。 倒れかけの柱を筋力でもって引っ張って良い姿勢に!! 筋トレしてるのと同じです。笑 でも 某なになにでっかTVの対処法のように 本当は良い姿勢を作れない原因があって その影響を受けて良い姿勢が取れないのに その身体を無理矢理良い姿勢にすることは さらに 無理のかかることではないでしょうか? もちろん、姿勢には身体だけが、影響するわけではありません。 でもまず、 良い姿勢を取らせまいとしている 身体の力の流れを、連動性のエラーを 取りのぞいてあげれば 身体は自然と良い姿勢へと 変わってくれますよ。 私の拙い臨床経験の中ではありますが、 その中でも 脚が痛くていらっしゃった患者さんに 肩甲骨に触れることで痛みが取れ、 それと同時に、姿勢が良くなった!! なんてこともあります。 その姿勢は、 無理矢理つくられていませんか? LIFE STORY 完全予約制 連絡先 k.hiromu@icloud

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Instagram Social Icon
  • Facebook Basic Square
  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon